西の線香花火 スボ手牡丹

  • 2014.12.04 Thursday
東の線香花火は関東地方で親しまれている線香花火ですが
それに対して西の線香花火スボ手牡丹は関西地方で生まれ
親しまれた線香花火です。


スボとは藁スボのことで稲藁の中心の固い芯のことです。
日本のどこででも目にすることができるこの稲藁が不足して
困っています。
今年から数年にわたって自分たちで適度な水分量、乾燥具合などを
研究していくことになりました。
まずは稲藁を探しに米所新潟県へ。
藁細工をしてあるはしだてさんを訪ねました。





新潟のしめ縄は稲穂をつけて売られていてその下の花火に使える部分は
不要品だとか。



しめ縄の残りだけでは作業1日分西か相当しないということで
次は稲探しから。
九州は熊本の無農薬栽培のところへ。





研究はまだまだ続きますがきっと自分たちに手で確保できる日を信じて・・・


とても希少なスボ手牡丹の製造は寒くて乾燥した冬だけです。
にかわを固めるためです。
先端を斜め上に向けて火をつけ燃やすのが火花が長持ちする特徴です。
藁を燃やして火球の温度を上げてあげるのがきれいに咲かせるコツで、
冬の風のある時期はスボ手牡丹で遊ぶのに最適な季節です。
空気も澄んでいてとてもきれいです。
是非お試しください。

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



プロフィール

カテゴリー別の記事

最近のコメント

トラックバック

月別の記事

選択中の記事

リンク

記事を探せます。

その他の機能

ケイタイで見れます。

qrcode