出張ワークショップ〜海辺の線香花火より〜

  • 2015.06.10 Wednesday
最近線香花火作りに興味をもたれることが多くなり
色々な場所へ呼んでいただく機会が多くなりました。
5月は神奈川県葉山の海の見える貸別荘で
ワークショップを開催していただきました。
この素敵なワークショップを開催されたのは貸別荘のオーナーでもある
Nowhere Resort
今回は小学3年生の小さな職人も同行して旅は始まりました。



 
葉山までの道中に以前、線香花火の取材に通訳として来ていただいた三井さん。
その通訳でもあり料理家でもある三井さんがお料理を提供されている
西荻窪にある松庵文庫へ。

 
訪れた時は年代物の庭のつつじが満開に。

今回の会場に到着。
迎えてくれたのは「葉山芸術祭」のかわいいフラッグ。

素敵な豪邸が現れる。
今回はこちらで宿泊させていただくことに。

目の前には葉山御用邸と石原裕次郎氏も船で遊びに来ていたという
一色海岸が目の前に広がる。

葉山の御用邸隣にあり築90年の日本家屋をリノベーションした一軒家。
2階ベランダには、海を望むジャグジーも併設。



お仕事を終えた小さな職人も旅の締めくくりに海ではしゃぎ大満足。
 



硫黄島花火ツアー

  • 2014.08.29 Friday
硫黄島花火ツアー、普通では体験できないことがたくさんで私たちにとってもとてもいい思い出になりました。




出港して間も無くイルカの群れに遭遇。



フェリーが島に着くとジャンベというアフリカの太鼓演奏でお出迎えしてくれます。毎日フェリーが着く度にこうやって歓迎されるそうです。



色々な見学をした後に、いよいよ硫黄島の硫黄を使った火薬での線香花火作り体験の始まり。
今回は学校の理科室を利用させていただき、学校の先生方や、島の方、島の子供達もたくさん参加してくれました。









自分たちの島で採れる硫黄。
とても愛着を持ってくれたようです。

島にはたくさんの魅力がありました。天然温泉や野生の孔雀。
島は自然に囲まれて人もあたたかい。
今回は島の方々との交流もあり、声を掛けるとすぐに集まってくれるような島の方々を見て、線香花火が人と人との距離を縮めてくれるのと同じ感覚で忘れかけている何かを思い出したように感じました。
教わることができない、教えることができない人の温かさ、自然を存分に体感してきました。
大切なものを再確認した貴重な体験ツアーとなりました。








こどもっとだいがくに講師として参加します

  • 2013.10.01 Tuesday
次の時代を作るのは、きみたち。
こどものときに、学校ではできない体験をもっともっと体験し、たくさんのことを吸収してほしい。
そして未来を切りひらく力を身につけてほしい!
そんな思いで私たちは、「アイランドシティ こどもっと!だいがく」を実施しています。

ーこどもっとだいがく/西日本新聞HPよりー

ということで、当製造所も11月30日に線香花火作り体験教室の講師として参加することになりました。
希少となった国産線香花火の魅力を子供達に知ってもらい後世に語り継いでもらうのが目的です。
場所はアイランドシティ一帯で行われます。是非チェックして、みてください。



こどもなつまつり

  • 2013.08.20 Tuesday
暑い暑い一日でした。
でも子供たち、やっぱり喜んでくれました。




ニコパンなつまつり

  • 2013.07.08 Monday
大木町のニコパンさんで開催された
『ニコパン夏まつり』
にお誘いいただきました。
昔みたいに子供が花火をバラで買えるような体験を?ということで、こんな感じにしてみました。


昔ながらのキラキラと派手な花火の巻き紙や、モールが目に入った子供たちはニコニコしながら近づいて来てくれました。
今日の反応を見て、また新たな展開を想い描くのでした。



職人の手仕事本とモノ展

  • 2013.06.22 Saturday
天神ひよこギャラリーにて、6/10よりかたりべ文庫『職人の手仕事』本とモノ展が開催されています。

編集者である土井国男さんが5年かけて15人の『職人の手仕事』をつくりあげられ、その節目にこの展示会は開催されたそうです。
この本の中でも『ちくご』の職人は3人取り上げられていて、同じみやま市で天然樟脳を作られている亡き内野清一さん、奥さまの和代さん

大川の組子職人の木下正人さん

それから線香花火職人の筒井良太

さすが、『伝統文化の宝庫』とも称賛される魅力的な『ちくご』です。
その他12人の九州の数少ない職人さんの手仕事はどれも素晴らしく『こだわり』『揺るがない信念』という共通点がうかがえました。
大昔から伝えられてきた手仕事を後世に残していけるようにと願うばかりです。







父の日に花火作り&花火遊び

  • 2013.06.17 Monday
昨日は東脊振温泉『山茶花の湯』で父の日イベントの線香花火作り体験でした。夜にはお父さんと一緒に子供たちもたくさん集まり、線香花火を楽しんでもらいました。


花火をしたことがない子供もたくさんいて、反対側に火をつけたり、怖い怖い?と手を離したり…
やっぱり遊びまでも時代は変わったんだなぁと実感しました。
でも、花火で遊んだ子供たちはみんな口を揃えて『もっとしたい、したい?』と家族におねだりしてました。
終始、見守る家族はニコニコ。笑顔が絶えないひとときに、見ていた私達も
子どもたちが夏になると必ず思い出してくれるようなを楽しい花火をこれからも作りつづけようと決心したのです。




ギフトショーにお越しいただいてありがとうございました。

  • 2013.02.14 Thursday
2/6〜2/8まで東京ビッグサイトで開催された東京インターナショナルギフトショーに出展しました。
今回は、今までの線香花火に加えて新商品を4種類紹介させていただきました。今年もデザイナーのなかにわさんにブースをデザインしていただき、とってもカッコいいブースになりました。



什器も機能的で、とても評判が良かったです。
このブースをモデルに大阪の阪急梅田店で7/15〜8/15までスポット的に花火の販売をしていただけることになりました。
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
今年の夏も宜しくお願い致します。



トークイベント

  • 2011.11.18 Friday

ちくごSOHO塾アカデミックカフェのトークイベントでゲストとして呼んでいただき
下手なトークをしてきました。
夫婦揃ってこういうのは苦手で、本当に申し訳ないのですが・・
依頼があったときに申し訳ないのでとお断りしたのですが、是非!!ということだったので。
ファシリテーターの工学博士で九州大学大学院芸術工学研究員教授の藤原惠洋先生が、私たちを上手にリードしてくださいました。



テレビ放送のDVD
これがあってよかった。



2時間という長い時間、話をどう繫ごうかと心配しましたが、藤原先生の上手なリードで
今までやってきた思いなどが次々と思い出されました。
お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。




東京イベント 

  • 2011.11.17 Thursday
 最近、色々な経験をさせてもらっています。

新商品「線香花火筒井時正シリーズ」も世に出回ってから、
2年目を迎えました。
テレビや雑誌の取材も更に増え、イベントにもたくさん声をかけていただくように
なりました。
ちくご元気計画のイベントで東京まで行ってきました。



東京とは思えない大きな木が生い茂っている森の中にある民家で静かな1日を過ごしました。
筑後の「モノ」「食」がそろい、民家は、ちくご一色に。







私たちのメインの仕事は「線香花火つくり体験」でした。
熱心に作り方を聞かれました。
皆さん本気でした。

会場には、元気計画に携わる料理研究家などの講師陣がスタッフとしてきてあり、おいしい食事を作ってありました。ここでいただく「まかない」は、どこのお店よりもおいしくて
感動でした。



  2ページ中 1ページ目  次のページ>>



プロフィール

カテゴリー別の記事

最近のコメント

トラックバック

月別の記事

選択中の記事

リンク

記事を探せます。

その他の機能

ケイタイで見れます。

qrcode